家族、親族、親友の死は最も悲しく悲痛な死であります。。

先祖代々からの連綿とつづく命に支えられることで、御自身が生きているというだけでなく、『生かされている』ことに命の尊厳があります。
葬儀は死に直面することで、自らの人生をより誠実に生きるべきだと心得る機会でもあります。

真言宗の御詠歌に『阿字の子が 阿字の古里 立ちいでて また立ち帰る阿字の古里』と詠まれます。
弘法大師が、甥の智泉大徳の三十七歳の若さで遷化されたときに際して、大変にお悲しみになりお詠みになられた歌であります。
阿字とは大日如来のことを意味します。葬儀とは故人精霊を大日如来のまします密厳浄土に送る儀式ですから、心安らかな旅立ちを祈って厳粛に執り行いたいものです。

戒名と位牌について

葬儀を執行する導師出仕について

《法事・葬儀 相談室》
年回忌など法事を行いたい、厳粛な葬儀で送ってあげたい、しかし分からないことがありますという場合は御相談ください。
相談料はありません。御都合の良い日時をお知らせください。

御葬儀についてのお問い合わせは、真言宗立江寺まで 045-713-5029

立江寺総合トップページへ

(C)Copylight 真言宗横浜立江寺 1996-2017 All Rights Reserved.
このホームページで使用されている全ての文章の無断転載、全ての画像の無断使用、無断リンクを固くお断りします。