●臨終から葬儀、火葬まで

@臨終→A死亡確認→B自宅へ搬送して安置→C末期の水→D湯灌(遺体のお清め)→
E死装束を着せる→F枕飾り→G枕経(僧侶による読経)→H納棺→
I戒名授与、通夜→J葬儀→K告別式(別れ花、喪主挨拶)→
L出棺(霊柩車にて火葬所へ搬送)→M炉前焼香→N火葬→O骨あげ→
P自宅にて遺骨安置

※G枕経は、通常出仕致しておりません。
※IからOまでが導師が執行、同行致します。
※御希望によりM迄もございます。


◇自宅へ搬送
家族の者が先に自宅の部屋を掃除し、敷き布団をひいておきます。

◇自宅にて安置
用意した敷き布団の上に寝かせ、薄い掛け布団をかけて顔は白い布をかけます。頭はなるべく北へ向けます。枕元か胸の上に魔よけとして「守り刀」をおく風習もあります。

◇末期(まつご)の水
臨終を告げられ死亡確認が行われたら、立ち会った家族親戚は知人は故人に最後の水を飲ませてあげます。実際は故人の唇を水で濡らす程度で、新しい割り箸の先にガーゼか脱脂綿をつけて白い糸で結わえ、水に浸して軽く故人の唇に触れます。

◇湯灌ゆかん(遺体のお清め)
ぬるま湯を用意して、手ぬぐいを絞って全身を拭いてあげます。本来、家族関係者が行います。男性はひげをそり、女性は薄く化粧をします。

◇死装束を着せる
経帷子(きょうかたびら)を着せ、三角の白い頭巾を額につけ、六文銭や米、血脈を入れた頭陀袋を首にかけ、手甲(てっこう)、脚絆(きゃはん)をつけ、白足袋と草履を履かせ、杖をかたわらにおきます。両手を合わせて念珠をかけてあげます。死装束のかわりに故人愛用の服を着せることもあります。

◇枕飾り
傍らに枕飾りをします。枕飾りは低めの小さな机の上に白い布を敷き、お花、灯明(ろうそく)、一膳飯、枕団子、水、香炉、線香、鈴(りん)をおきます。
ろうそくと線香は絶やさないように注意します。故人愛用の食器を使って水や御飯を備えます。ご飯は山の飯として、故人が使っていた箸を一膳垂直に立てます。
枕団子は六個作ります。 頭側に屏風を逆さにおきます。

◇枕 経
僧侶が自宅にて枕経をあげます。亡くなってから七日間は仏壇中央は不動明王にします。枕経は俗名のままで読経するのが習わしです。

◇納 棺
棺に遺体を納めます。生前に愛用していた品を一緒におさめることもできますが、燃えにくいものは避けます。蓋は釘を打たずに棺掛(かんがけ)をかけて、通夜を待ちます。

◇戒名授与、通 夜
導師は、控室にて故人への戒名授与を喪主、遺族へ告げます。本来、夜を徹して故人を偲び、霊を慰める法要のことです。
通夜式の読経は、六時位から始まり、約四十五分で終えます。

◇葬 儀
翌日、故人を成仏へ導く法要です。参列者着座、導師入堂し着座、読経作法、焼香、読経終了、導師退堂となります。
繰り上げ初七日は、葬儀の後半に組み込まれて執行される場合と骨あげ後に葬儀場に戻り、執り行われる場合があります。約四十五分で終えます。

◇告別式(別れ花と喪主挨拶)
葬儀が終わると祭壇から棺がおろされます。蓋を取り遺族により最後の対面をします。参列者が花を棺に入れていきます。
蓋をして喪主から、血縁の濃い順に釘を石で打ち付けます。(形式のみの釘打ちということもあります。)喪主が挨拶をします。

◇出 棺(霊柩車にて火葬場へ搬送)
棺を葬儀場の外へ運び、霊柩車に乗せます。喪主は位牌を胸に持ち、次席の遺族は遺影を持ちます。火葬場へ向かいます。
火葬場へは喪主、葬家、親族、近親者、親友だけになります。

◇火 葬
棺が炉の中に安置され、扉が閉められます。火葬の間、待合所にて約一時間半ほど待ちます。

◇骨あげ
骨あげは、二人一組で箸で行います。遺骨を骨壺に納め終わりましたら、骨壺は白木の箱に入り、自宅に戻ります。
埋葬(火葬)許可証は、木箱の中に保管します。

◇帰宅にて遺骨安置
自宅では遺骨を安置して、七本塔婆を置いて四十九日(満中陰)忌まで御手を合わせましょう。


導師、僧侶との日程調整と同行について

臨終予兆の段階または臨終後早めに、御連絡していただき、一日〜二日以内に来寺して下さい。
来寺されましたら、戒名授与の為、故人様のお人となりをお話し下さい。
費用(布施)が不明でしたら、その旨をお伝えください。
また寺院の日程と葬儀社、火葬場の日程を調整して頂きながら、通夜葬儀の日時を決定していきます。
遠方や喪主様の健康状態により、電話のみの打ち合わせということもあります。

通夜当日は、60分〜90分前に葬儀場に導師僧侶が到着するように出仕致します。
通夜の後に僧侶は寺院に戻り、翌日60分前には葬儀場に再度参ります。

葬儀後に導師僧侶も火葬場へ同行します。
基本的に骨あげの読経をし、火葬場の建物を出た時点までの同行となります。


御葬儀については、真言宗立江寺まで п@045-713-5029

戻る

立江寺総合トップページへ

(C)Copylight 真言宗横浜立江寺 1996-2017 All Rights Reserved.
このホームページで使用されている全ての文章の無断転載、全ての画像の無断使用、無断リンクを固くお断りします。