●戒名と位牌

戒名とは『戒律を与えられた仏の弟子』の名前です。仏門に入るためには必要であります。
故人の人柄、職業、業績を伝えて、ふさわしい戒名をお授けいただくよう依頼しましょう。

院号はお寺や社会に特別尽力貢献された方に、お授けするのであります。
位号は十五才以上の男女の場合は『信士』『信女』、信仰心のあつい方は『居士』『大姉』です。

戒名は、通夜と葬儀の為の白木の位牌に書き込まれます。忌明けの四十九日に、本位牌に変わります。

『信士』『信女』号・・・・二十万円より(喪主様の御判断になります)

戒名は、御葬儀の連絡を頂いてから、通夜迄の間に決定し、通夜当日に斎場の僧侶控室にて喪主様に御伝え致します。

「生前戒名」・・・ お亡くなりになる以前に、御本人へ前もって戒名をお授けすることができます。
御自身で戒名を知ることができます。すでに戒名が授与されてますと、葬儀の際に御遺族の負担が軽減されます。

「葬儀後戒名」・・・急であった為に俗名にて葬儀を執行されてから、後に御遺族様からの御依頼により、
故人様へ戒名をお授けすることもできます。そのような御希望がございましたら、御相談下さい。

戒名については真言宗立江寺まで .045-713-5029

戻る

立江寺総合トップページへ

(C)Copylight 真言宗横浜立江寺 1996-2018 All Rights Reserved.
このホームページで使用されている全ての文章の無断転載、全ての画像の無断使用、無断リンクを固くお断りします。