八千枚不動護摩供とは、百日間で十万遍の不動真言、二十一日間六十三座に及ぶ護摩行と断食、そして結願の座には供養物の乳木八千枚を約八時間かけて高熱の中 を焼供する護摩修法を言います。古い経典の梵網経ではお釈様が修行時代、娑婆と佛界を往復すること八千遍にも及んで、悪魔を降伏し自利利他の行を修して成仏せられたと説かれています。 このお釈迦様の行にちなんで真言行者 も衆生救済・滅罪生善・心願成就などあらゆる人間の願望を満たす行法として、古くインドより伝わる八千枚不動護摩を行じたのが始まりです。正に最高の修法といわれる由縁であります。



 立江寺住職は、八千枚護摩行者です。結願の行は夜中に行われます。
写真は、立江寺本堂にて護摩行者は住職、読経の僧侶に副住職。


百日間十万遍の不動真言、二十一日間 一日三座の六十三座の護摩行において、計一万五千四百四十四本の乳木を炊きあげることになります。

●八千枚特別護摩札

hassenfuda.jpg

百日間の結願の日は、前日の平成十一年五月十六日夜十一時より執行致し、十七日翌朝八時に成満致しました。

毎月の護摩のページへ

(C)Copylight 横浜波切不動尊 立江寺1996-2017 All Rights Reserved .
このホームページで使用されている全ての文章の無断転載、全ての画像の無断使用を固くお断りします。